言葉遊び日記

北森劇場の詞を書く人の日記帳。

プロフィール

北森耕太郎

Author:北森耕太郎
温泉と焼酎と焼鳥が好き。
メール:naganookimaro★yahoo.co.jp
twitter:k_kitamori
skype:k.kitamori
リンクフリ-

北森劇場作品


北森劇場作品
by きたもり

すばらしい曲の数々


すばらしい曲の数々
by きたもり

カウンタ

FC2ブログランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

Last Snow


不意にそらす 視線揺れる
白く染まる 街の片隅で

虚空を漂う溜息は
終わりの時を告げるように
探す言葉に意味はなくて
薄灯りだけが頬を射す

いま眠りについた太陽
蒼のドアをそっと閉ざして
忘れられない記憶の欠片も
手の届かない場所へ放つ

細い指先 髪を撫でた
温もりと刹那の優しさ
この瞬間も過去へ流れてく
最後の雪が掌 踊る

冷めた笑顔 かすか浮かべ
ただ小さく 肩を震わせる

静寂に消えた野良猫のよう
寂しさに声をからしても
聴こえない子守唄ひとつ
いつまでもねだり続けてる

舞い降りるはかない結晶
清かな月光に照らされ
眠れない12月の迷い子
夜の行方追いかけながら

淡色の影ふたつ並べ
潤む瞳と漏らす嘘と
短い夢物語の続き
次のページは途切れたまま

何もかも失くす痛み
傷痕を深くえぐる
ほどけた手に こぼれ落ちる星屑たちの
棘が絡みついて動けない

いま眠りについた太陽
蒼のドアをそっと閉ざして
忘れられない記憶の欠片も
手の届かない場所へ放つ

細い指先 髪を撫でた
温もりと刹那の優しさ
この瞬間も過去へ流れてく
最後の雪が掌 舞う

つながらない心と心
無垢に触れるたびに離れる
永遠を夢見てたシンデレラ
魔法の解けた午前0時

溢れだす銀色の滴
立ちすくむ足元を濡らす
凍える街路樹と時計の針
最後の雪がかき消してく

作詞 北森耕太郎
作曲・編曲 ∴ぽっぷん
編曲・MIX nao(赤天使P)
作画 すずみーぬ
comments(0)|trackback(0)|その他のコラボ作品|2010-12-31_14:36|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。